マイカー利用コース(所要時間:6時間)



大阪府立の史跡公園「近つ飛鳥風土記の丘」にある、「日本の古代国家の形成や国際交流」をテーマとした歴史博物館です。建物は安藤忠雄氏の設計によるもので、黄泉の塔と大階段を擁する建物は代表作のひとつです。展示室は前方後円墳をイメージしており、古墳時代から飛鳥時代にかけての遺物が並びます。日本が外国との交流を深めながら国家を形成してきた歴史や、古墳にまつわる知恵、古代の生活道具などにふれることができます。

世界的な建築家、安藤氏による建物は、周辺に広がる国史跡「一須賀古墳群」と一体化した平成の前方後円墳をイメージしたデザイン。

館内には喫茶コーナーや図書館、オリジナルグッズが購入できるショップなどもある。

展示室にある仁徳天皇陵古墳の1/150のジオラマ。

詳細情報
住  所 南河内郡河南町東山299
電  話 0721-93-8321
営業時間 9:45~17:00(展示室への入館受付は10:00~16:30まで)
入 館 料 大人310円、高校生・大学生・65歳以上の方210円、中学生以下無料
※特別展・企画展は別途料金が必要となります。
休 館 日 月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日が休館)、年末年始、臨時休館日
駐 車 場 あり(無料)
公式HP HPはこちらから
国道165号経由
車で約20分

奈良県、大阪市内、関西国際空港などからのアクセス良好な南阪奈道路側道沿いに位置する道の駅。大型の農産物直売所「あすかてくるで」やベーカリー、カフェやバーベキュー場などが併設されています。新鮮な野菜が豊富に取り揃えられており、またリーズナブルに食事を楽しんだり、芝生広場や遊具が充実していたりと家族みんなで憩いの時間を過ごすことができます。バーベキュー場は開放感たっぷりの高台にあります。
※現在バーベキューは新型コロナウイルス対策により中止しております。(HPでご確認いただくか、お問い合わせください)

南阪奈道路側道沿いに位置する休憩・情報案内施設。人と人とのふれあい、憩いとやすらぎの場、野外活動広場などがある。

新鮮な野菜が毎日たくさん入荷される直売所。農を通じて生産者と消費者の交流の場づくりを進めている。

地元の特産品・加工品などを販売するタケル館。地元産のブドウを使った「河内ワイン」や「いちじくプリン」は要チェック!

奈良県、大阪市内、関西国際空港などからのアクセス良好な南阪奈道路側道沿いに位置する道の駅。大型の農産物直売所「あすかてくるで」やベーカリー、カフェやバーベキュー場などが併設されています。新鮮な野菜が豊富に取り揃えられており、またリーズナブルに食事を楽しんだり、芝生広場や遊具が充実していたりと家族みんなで憩いの時間を過ごすことができます。バーベキュー場は開放感たっぷりの高台にあります。
※現在バーベキューは新型コロナウイルス対策により中止しております。(HPでご確認いただくか、お問い合わせください)

詳細情報
住  所 羽曳野市埴生野975-3
電  話 072-957-6900(総合棟)、072-957-8318(農産物直売所あすかてくるで)
072-957-8180(商工物産館タケル館)
営業時間 9:30~17:00 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、変更となる場合があります。
休 館 日 木曜日、年末年始
駐 車 場 あり(無料)
公式HP HPはこちらから
国道170号経由
車で約15分

欽明天皇の勅命により、6世紀後半に創建されたとされています。
 中世に入ってから源氏一族の氏神として崇敬され、鎌倉時代以降は源氏一門や各時代の将軍、武士らの信仰を集めました。しかし戦国時代になると再三の兵火に見舞われ、社殿や伽藍は焼失しました。現在の本殿や拝殿は、豊臣氏によって再建されたものです。境内には宝物館があり、源頼朝寄進の塵地螺鈿金銅装神輿(国宝)や誉田丸山古墳出土の金銅透彫鞍金具(国宝)などが保管されています。現在は、安産の神、厄除の神として庶民の信仰を集めています。

東の大鳥居をくぐった先、真正面に見える大きな建物が拝殿。「割拝殿」形式の社殿。

境内に江戸時代まで残っていた神宮寺の南大門。

放生川に架かる江戸時代に造られた花崗岩製の反橋「放生橋」。

詳細情報
住  所 羽曳野市誉田3-2-8
電  話 072-956-0635
拝観時間 散策自由
駐 車 場 あり
公式HP HPはこちらから
車で約5分

2019年世界遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」の古市エリアの一つで、日本最大級の規模を誇る前方後円墳です。周囲に二重の濠と堤をもっています。
 墳丘長は425mで、墳丘の体積(143万㎥)は国内で一番大きく、古墳築造の際に使った盛土の量は、なんと大型ダンプカーで17万台分以上にあたります。墳丘は三段に積み重ねられ、その高さは36mと12階建てのビルに匹敵します。5世紀前半頃の築造と考えられており、斜面は一面に葺石が敷き詰められ、古墳全体で2万本を超える埴輪が立て並べられたと考えられます。

応神天皇陵古墳をはじめとする大型の前方後円墳が台地の上に並ぶ。

2019年世界遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」の古市エリアの一つで、日本最大級の規模を誇る前方後円墳です。周囲に二重の濠と堤をもっています。
 墳丘長は425mで、墳丘の体積(143万㎥)は国内で一番大きく、古墳築造の際に使った盛土の量は、なんと大型ダンプカーで17万台分以上にあたります。墳丘は三段に積み重ねられ、その高さは36mと12階建てのビルに匹敵します。5世紀前半頃の築造と考えられており、斜面は一面に葺石が敷き詰められ、古墳全体で2万本を超える埴輪が立て並べられたと考えられます。

詳細情報
住  所 羽曳野市誉田3・5・6丁目
電  話 072-947-3917(羽曳野市世界遺産課)
駐 車 場 なし ※拝礼所参拝の方は市役所の駐車場をご利用ください。
公式HP HPはこちらから
西名阪道、阪神高速大和川線経由
車で約35分

大仙公園内の一角にあり、堺の歴史、美術、民俗などに関する資料を収蔵・展示している博物館です。堺は自治都市・貿易都市として繁栄し、千利休が茶の湯を大成させるなど、外交的、文化的に発展してきました。館内では堺の歴史の変遷に関する常設展のほか、毎回テーマの異なる企画展なども実施されています。また数多くある収蔵資料の中には、国の重要文化財に指定されたものも含まれています。

古代史のロマンを秘めた百舌鳥古墳群のほぼ中心にある大仙公園の広大で緑豊かな中に、博物館の他、茶室、自転車博物館等が整備されている。

百舌鳥古墳群シアターでは、CGを利用した百舌鳥古墳群の雄大さを体感できる。

包丁の制作過程や緞通織機など、堺の産業に関わる展示もしている。

詳細情報
住  所 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁(大仙公園内)
電  話 072-245-6201
営業時間 9:30~17:15(入場は16:30まで)
入 館 料 一般200円、高校・大学生100円、小・中学生50円 ※特別の展示を行うときには、金額が変わる場合があります。
休 館 日 月曜日(祝休日の場合は開館)、年末年始
駐 車 場 あり(有料)
公式HP HPはこちらから
徒歩約5分

【ビューポイント】
堺市役所最上階21階展望ロビー
から、古墳や絶景を満喫。※写真は空撮。

5世紀中ごろに約15年8ヶ月をかけて築かれたと推定されています。2019年に世界遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」の百舌鳥エリアにある日本最大の前方後円墳で、周囲には10基以上の陪塚と考えられる古墳が造られました。墳丘は全長約486m、後円部径約249m、高さ約35.8m、前方部幅約307m、高さ約34.0mの規模で3段に築かれ3重の濠がめぐります。墳丘の左右くびれ部分には造出しがあります。明治5年(1872)にみつかった前方部の竪穴式石室には、長持形石棺、刀剣、金銅製甲冑、ガラス製壺・皿が納められていたことが、絵図に描かれて残っています。内部は非公開ですが、周囲に約2.8kmの周遊路が整備されており、1周するには1時間程度かかります。

詳細情報
住  所 堺市堺区大仙町7-1
電  話 072-228-7014 (堺市世界遺産課)
駐 車 場 あり(有料)
公式HP HPはこちらから

エリアマップ

羽曳野市

白鳥陵古墳
(はくちょうりょうこふん)

『日本書紀』に見られる「白鳥三陵」の一つで、5世紀後半に築造された大型の前方後円墳です。墳丘長は200mで、満々と水をたたえた濠に囲まれています。世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資産です。死後、白鳥となったヤマトタケルが河内の古市に飛来し、ついには羽を曳くように天へ舞い上がったという「白鳥伝説」があり、羽曳野市の名前の由来になったといわれています。

藤井寺市

古室山古墳

墳丘長150mの前方後円墳で世界遺産の古市古墳群を構成する古墳の1つです。墳丘に造られた平坦面には、円筒埴輪が並べられ、形象埴輪も出土しています。墳頂まで登って散策することができ、見晴らしは良好。天気がよければ「あべのハルカス」を見ることができます。

藤井寺市

仲哀(ちゅうあい)天皇陵古墳

藤井寺市にあり、世界遺産の古市古墳群を構成する古墳の中で3番目の大きさとなる墳丘長245mの前方後円墳です。「岡ミサンザイ古墳」とも呼ばれます。幅50m以上の広い周濠を巡らせており、周濠の水面に映る古墳は圧巻です。冬には水が満ちる濠にマガモが飛来し、市民の憩いの場として親しまれています。

藤井寺市

鍋塚古墳

近鉄「土師ノ里駅」の改札目の前にある古墳で、世界遺産の古市古墳群に属しています。墳丘一辺の長さ63m・高さは7mの2段築成です。平成3年に発掘を行った所その規模が判明し、現在は仲姫命陵古墳に付属する古墳と考えられています。

藤井寺市

葛井寺(ふじいでら)

葛井氏の氏寺として、7世紀後半の白鳳期に建立。藤井寺の地名の起源にもなった古刹で、日本遺産・西国三十三所巡礼の第五番札所として信仰を集めています。本尊には千の手と千の目を持つ、国宝・十一面千手千眼観音菩薩が祀られており、毎月18日に御開帳されます。また、春先から境内に咲き誇る藤の花も必見です。

藤井寺市

道明寺

7世紀前半に土師氏の氏寺として建立された土師寺を起源とした尼寺です。建立当初は道明寺天満宮の南側に位置していました。その後、戦国時代の戦火や江戸時代の石川の水害を受け道明寺天満宮の境内地に移り、さらに明治時代の神仏分離令によって現在地に移されました。国宝である本尊の十一面観音立像は毎月18日と25日に拝観することができます。

羽曳野市

河内こんだハニワの里 大蔵屋

2019年に世界遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」が点在するエリアに、同年、埴輪づくり体験施設がオープンしました。館内では、古墳めぐりが楽しくなる「古墳ギャラリー」のほか、粘土遊び感覚で世界にたった一つの「マイ埴輪」を作る埴輪づくり体験を楽しむことができます。また売店では、古墳や埴輪の模様がついた文具や雑貨、オリジナルグッズ、お菓子など個性的なお土産を購入することができます。

羽曳野市

飛鳥ワイン

1934 年創業、自社ぶどう園すべてが大阪エコ農産物の認証を取得。循環型農業で地球に優しいワイン造りに取り組んでいます。その作品の数々は日本ワインコンクールで受賞多数と高い評価を得ています。ワイナリーツアーやマイワイン造りなどのイベントも定期的に開催しています。

堺市

堺市役所21階展望ロビー

地上80mの市役所最上階で、360度の展望が楽しめる回廊式ロビーです。仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)をはじめ歴史を秘めた堺のまちが眼下に広がり、遠くは六甲山、あべのハルカス、金剛山などが見渡せます。