公共交通機関利用コース(所要時間:約4時間半)



JR総持寺駅

徒歩約15分

「伊豆の踊子」や「雪国」などで親しまれ、日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成。康成が3歳から18歳までを過ごしたゆかりの地・茨木市では、その功績を讃え1985年に川端康成文学館を開館。著書、遺品、書簡のほか、原稿や墨書、幼少期に住んでいた家の模型など、約400点を常時展示しています。毎年6月には、川端康成の誕生日6月14日にちなみ、生誕月記念企画展が開催されます。

文学館がある茨木市は、川端康成が少年時代を過ごし、作家への志を育てた地。「川端文学のふるさと」でもある。

川端康成の著書、遺品、書簡、原稿や墨書のほか、模型・写真・ビデオなどゆかりの品約400点が常時展示されている。

館内に併設されたギャラリーでは、6月に「生誕月記念企画展」が行われるほか、茨木市内外で活躍する芸術家たちによる作品展などが開催される。

詳細情報
住  所 茨木市上中条2-11-25
電  話 072-625-5978
営業時間 9:00〜17:00
入 館 料 無料
休 館 日 火曜日、祝日の翌日(日曜日を除く)、12月28日~1月4日
※展示替え・資料整理のための臨時休館あり(詳しくは、HP開館カレンダーをご確認ください)
公式HP HPはこちらから
徒歩約25分

西国第二十二番の名刹として知られる高野山真言宗の寺院。本尊千手観音様は「亀に乗った観音様」として有名で、火除け、厄除け観音様、子育て観音様と呼ばれています。毎年4月18日には、庖丁士が手で魚を触れることなく庖丁と真名箸で調理をする、伝統の「山蔭流庖丁式」が行われます。また境内には料理上達を願い、使わなくなった庖丁を奉納する庖丁塚があります。

平安時代の貴族で「庖丁道の祖」「料理の神」と呼ばれた藤原山蔭により創建。

観音様の他、薬師如来、地蔵菩薩、不動明王、弘法大師、稲荷大明神、如来荒神など多くの仏様や神様が祀られている。

「山蔭流庖丁式」では庖丁士が、手で魚を触れることなく庖丁と真名箸で調理する。華麗な庖丁さばきが見どころ。

西国第二十二番の名刹として知られる高野山真言宗の寺院。本尊千手観音様は「亀に乗った観音様」として有名で、火除け、厄除け観音様、子育て観音様と呼ばれています。毎年4月18日には、庖丁士が手で魚を触れることなく庖丁と真名箸で調理をする、伝統の「山蔭流庖丁式」が行われます。また境内には料理上達を願い、使わなくなった庖丁を奉納する庖丁塚があります。

詳細情報
住  所 茨木市総持寺1-6-1
電  話 072-622-3209(受付は 8:00~17:00)
拝観時間 6:00~17:00(納経受付時間8:00~17:00)
公式HP HPはこちらから
徒歩約15分

富田のまちは浄土真宗の寺内町として室町時代から栄え、江戸時代初期には大阪随一の酒どころとして発展しました。現在も、町なかには切妻造りや漆喰塗り、虫籠窓など伝統的な様式の建物が見られ、2軒の酒造が伝統の地酒を守り続けています。社寺や町家が並ぶ町並みを散策しながら往時の風情を感じることができます。

伝統的な様式の建物が見られる町並みからは往時の風情を感じることができる。

酒どころ富田の地ならではの酒の神様を祀る「三輪神社」。市指定文化財の社殿や絵馬所、末社春日社をはじめ江戸時代の建物や石造物をみることができる。

酒造りに適した良質なお米と水など、酒造りに必要な条件を備えていた富田のまち。「北摂三銘酒」の一つに数えられるお酒の名産地。

詳細情報
住  所 高槻市富田町4~6丁目周辺
電  話 072-675-0081(公益社団法人 高槻市観光協会)
公式HP HPはこちらから
徒歩約5分

阪急富田駅

エリアマップ

能勢町

道の駅能勢

能勢の魅力を発信する観光ステーション。
観光情報を提供する休憩施設や展示・案内コーナー、町内で生産・収穫された農産物が集まる農産物直売コーナーの他に、能勢栗など旬の地元食材をふんだんに使ったレストランなども併設されています。

能勢町

能勢ぐり

能勢では400年以上前から栗が栽培されており、関西圏では「能勢ぐり」として親しまれてきました。江戸時代中期に現在の能勢町歌垣の住人が広島より持ち帰った苗から育てた栗は、特に立派な実をつけたことから後に「銀寄」と呼ばれるようになり、今では能勢ぐりの中でも一番のブランド品種として高級菓子のマロングラッセなどに使用されています。

箕面市

もみじの天ぷら

箕面の山の修験道場で修行をしていた役行者が、滝に映えたもみじの美しさに感銘を受け、その天ぷらを作り旅人に振舞ったのが始まりだと言われています。カリッと香ばしくてほんのり甘い、もみじの天ぷら。今では地元の伝統銘菓として人気のお土産品になっています。

箕面市

箕面川床

箕面公園では風光明媚な景色を望みながら川床料理が堪能できます。春はさわやかな新緑、夏は涼やかな風とせせらぎに癒されながら、ゆったりとしたひとときを過ごしてみませんか。
営業期間:例年4月下旬〜10月下旬まで
※店舗により営業日・時間が異なります。

箕面市

明治の森箕面 音羽山荘

自然豊かな箕面の森の中にとけこむ「音羽山荘」は森の風情や大正時代の木造建築等、奥深い魅力に出会える料理旅館。大正15年建築の趣ある館内では、料理人が旬の食材を五味五色五法で丁寧につくりあげる懐石料理、庭園を背に職人が目の前で握る寿司懐石料理が楽しめます。宿泊は1日1組限定。結婚式に利用することもでき、人生の節目の祝いや、家族の特別な集まり等に利用できます。

箕面市

フランエレガン
YUZUYA(橋本亭)

箕面の滝道の一ノ橋のたもとにある橋本亭。一度は自然災害の影響で全面解体となりましたが、その後の再築で現在は新たな観光拠点として整備されています。飲食店や物販店のほか、箕面川に面した部分に川床型のオープンスペースがあり、箕面の自然と調和した開放的な交流空間です。

箕面市

勝尾寺

「勝運の寺」「勝ちダルマの寺」として知られ、古くは源氏や足利氏など時代の覇者達がこぞって参拝を重ねてきました。現代では病気や商売、受験、スポーツ、恋愛と人生における様々な「勝ち」を願って全国各地より訪れる参拝者が後を絶ちません。境内には願いが成就した「勝ちダルマ」が所狭しと奉納されています。

吹田市

旧中西家住宅

江戸時代の学者で漢詩人でもあった廣瀬旭荘が、「其宅華麗 殆類侯居(華麗で、諸侯が住まう家のようだ)」と讃えた旧中西家住宅は、江戸後期の大庄屋の屋敷構えをほぼ当時のまま伝えています。
2007年、中西家の御厚志により家具や調度品とともに吹田市に寄贈されました。

能勢町

能勢妙見山

古くから、開運・学問・芸能にご利益があるとされ、全国から参拝者が訪れる能勢妙見山。妙見大菩薩は北極星の神様で、運命の星の流れを司る開運の神様と言われています。一万年前から続くと言われるブナ林もあり、大きいものは樹齢200~300年以上のものも。春は桜、夏は新緑から深緑、秋は黄葉、冬は雲海や雪など、四季折々の表情を見ることができます。また妙見山中腹にはバーベキューテラスなどもあり、友達や家族と一緒に楽しめます。

豊能町

高山の棚田

大阪府北部の中山間地に位置する豊能町には、各地区に棚田が残っています。その中でも特に高山地区に残る棚田はとても美しく、その風光明媚な田園風景は「高山の棚田を眺める坂道」として「ビュースポットおおさか」※に選定されています。

※世界に誇れる大阪の魅力ある景観や個性豊かで多彩な大阪の景観を美しく眺めることのできるビュースポットを発掘し、「ビュースポットおおさか」として選定しています。

能勢町

冒険の森 のせ

老若男女問わず本気で楽しめる森の遊び場「冒険の森」。かつて東洋一ともいわれたキャンプ場の跡地を活用して造られた施設で、池の上空を滑空するジップラインは国内最長級の500メートル超え!
地上 10mを超える高さの木の間を進むツリートップアドベンチャーや森の中をセグウェイで走るツアーなど 3つのプログラムが用意されています。

能勢町

能勢温泉

能勢町の豊かな山並みに囲まれた自然の中にあるやすらぎの宿「能勢温泉」では、加水の一切ない自家源泉100%天然温泉が楽しめます。里山の澄んだ空気の中入る露天風呂は格別!食事と入浴がセットになった日帰りプランもあります。

箕面市

箕面温泉

別名「命の温泉」と言われる箕面温泉は関西屈指の泉質を誇ります。炭酸水素塩泉で美肌効果が高く、お肌がスベスベになるのも魅力のひとつ。明治の森箕面国定公園内に建つ「大江戸温泉物語・箕面観光ホテル」では最上階にある、宿泊限定の天空露天風呂から大阪平野が一望できます。

箕面市

みのお山荘 風の杜

明治の森箕面国定公園の山頂に建つお宿で、豊かな自然に囲まれた絶好のロケーション。館内の至るところで大阪方面の街を一望することができます。宿泊以外でも、日帰りプランが用意されているので食事とお風呂と絶景を気軽に楽しむことができます。

池田市

伏尾温泉

「放射能泉」と言われる泉質のラドン温泉は、新陳代謝が活発になり免疫力や自然治癒力を高める効果があると言われています。そんな希少な放射能泉が楽しめる大阪の奥座敷が「不死王閣」です。自然豊かなロケーションが自慢の露天風呂でのんびりとしたひと時はいかがでしょうか。

池田市

五月山動物園

五月山公園内にある動物園で、「日本で2番目に小さい」といわれていますが、オーストラリアからやってきた珍しい動物ウォンバットを見ることができます。そのほかワラビーやアルパカなどもおり、気軽なレジャーの場として多くの人に親しまれています。

豊中市

千里川土手

大阪国際空港に離着陸する飛行機を間近で見ることができるスポット。これほど至近距離で飛行機を眺められる場所は珍しく、飛行機が迫るその轟音と強風に驚きます。飛行機好きはもちろん、迫力のある写真が撮れるとカメラマンにも人気のスポットです。

島本町

水無瀬神宮

後鳥羽上皇がこよなく愛した水無瀬離宮。上皇の没後はその跡地に上皇を祀って水無瀬神宮が建立されました。境内には大阪府下唯一「全国名水百選」に選ばれた「離宮の水」が湧き、名水を求めて訪れる人が絶えません。夏の間は手水舎に「祈願玉」が浮かべられ、「招福の風」と題された風鈴が設置されるなど涼やかな光景が楽しめます。

箕面市

箕面 滝道・箕面大滝

箕面駅から箕面大滝につながる道は「滝道」と呼ばれています。自然豊かな公園内に約2.7㎞続いており、入り口付近には土産物店やカフェなどが並びます。滝道を歩くこと約40分の場所に大阪の景勝地として名高い「箕面大滝」があります。落差33mのこの大滝は、天下の名瀑として知られ、岸壁から水が一気に流れ落ちる様子がとてもダイナミックです。

池田市

逸翁美術館(いつおうびじゅつかん)

阪急電鉄の設立をはじめ、多方面で活躍した大正・昭和を代表する実業家・小林一三氏が生涯にわたって収集した美術品を展示している美術館です。重要文化財を含め、コレクションしていた約5,000点にも及ぶ著名な作品に出会えます。とくに与謝蕪村・呉春・円山四条派のコレクションは有名で、呉春が描いた「白梅図屏風」や蕪村の「奥の細道画巻」(いずれも重要文化財)も所蔵されています。

吹田市

国立民族学博物館

「みんぱく」として親しまれる国立民族学博物館。民族学・文化人類学に関する調査・研究をおこなうとともに、世界の諸民族の生活文化や、生活用具、民族衣装、住まいなどが展示・紹介される世界最大級の民族学博物館です。年に数回、特定のテーマにそった特別展や企画展も行われます。

高槻市

安満(あま)遺跡公園

安満遺跡は、弥生時代の広大な集落遺跡です。高槻市はその跡地を含めた一帯を、保存・活用できるよう、防災機能を備えた、緑豊かな公園として整備を進めています。園内には体験型キャンプカフェやドッグラン、屋内外の遊具などが併設されており、1日中ご家族やペットと一緒に楽しめる空間となっています。2021年春に全面開園を予定しています。

高槻市

いましろ 大王の杜

今城塚古墳公園と今城塚古代歴史館とをあわせた史跡公園。今城塚古墳は淀川流域では最大級の前方後円墳です。大王陵でありながら古墳の中を自由に歩き回れる公園は日本でここだけです。内堤には大王の埴輪祭祀場が再現されており、その一部は実際に触れることができます。

摂津市

新幹線公園

安威川とJR貨物ターミナルとの間の安威川堤防上にある公園。
1969年製造の新幹線先頭車両と、1954年製造の電気機関車が展示され、車内や運転席にも入ることができます。春には近くの桜並木が美しく咲き誇り、桜のトンネルが空を彩ります。

吹田市

健都ライブラリー

カフェスペースや、運動講座や読み聞かせなどが行われる多目的室、健康チェックができるコーナーなどを備えた新しい形の図書館です。健康・医療・スポーツ関連の本を約5,000冊揃えています。1階には2008年に最終運行した0系新幹線の先頭車両も展示されています。

能勢町

淨るりシアター

江戸時代から200年以上にわたり続く大阪府無形民俗文化財「能勢の浄瑠璃」をキーワードにオープンした劇場。
浄瑠璃のほか、大物アーティストのコンサートや貸館による地域住民の文化活動に対するサポートなど、町の魅力を広く発信する事業を展開しています。

池田市

カップヌードルミュージアム 大阪池田

日清食品の創業者で、世界初のインスタントラーメンを発明した安藤百福の「子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい」という想いから誕生した体験型の食育ミュージアム。インスタントラーメン誕生と発展の歴史が学べたり、世界に一つだけのオリジナルカップヌードルが作れたりと、発明・発見の大切さを楽しみながら学ぶことができる施設です。

吹田市

万博記念公園

1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念し、その跡地に整備された文化公園。芸術家・岡本太郎氏のデザインにより大阪万博のテーマ館の一部として建てられた「太陽の塔」は、現在も万博記念公園のシンボルとして親しまれています。 他にも自然文化園や国立民族学博物館、スポーツ施設やレジャー施設まで、遊べる・学べるスポットがたくさんです。

吹田市

NIFREL

海遊館が初プロデュースした新感覚ミュージアムNIFREL。「感性にふれる」をコンセプトにしており、水族館、動物園、美術館のカテゴリーにこだわらない新しいジャンルの「生きているミュージアム」です。来館者の感性を刺激し、まるでアートを楽しむかのように、生きものや自然の魅力に触れることができます。

島本町

サントリー山崎蒸溜所

海遊館が初プロデュースした新感覚ミュージアムNIFREL。「感性にふれる」をコンセプトにしており、水族館、動物園、美術館のカテゴリーにこだわらない新しいジャンルの「生きているミュージアム」です。来館者の感性を刺激し、まるでアートを楽しむかのように、生きものや自然の魅力に触れることができます。