シェア

西福寺

平安時代末期、俊乗坊重源は和泉市東部の丘陵に谷山池を造成し、槇尾川下各村の水利を助けました。桑原村の住民はその恩恵に感謝し、西福寺を建てて重源を俊乗堂にまつりました。重源が教えた水仙栽培が起源となって、寺の周辺では今も生花栽培が盛んです。堂の傍らの自然石で蓋をした井戸を雷井戸といい、老婆が雷を封じ込めたという伝説があります。
ジャンル建物・まちなみ
時代古代以前
所在地 和泉市桑原町152番地 [ 地図を見る ]
交 通JR阪和線「和泉府中駅」徒歩約17分
問合先0725-41-2354
URL http://www.muryouzan-saifukuji.jp
備 考

以下のいずれかを選択して検索してください
キーワード
ジャンル
(複数選択可)






時代
(複数選択可)





エリア
市町村
地図から探す
オプション
表示件数