シェア

能勢妙見山(のせみょうけんさん)

 標高662mの山頂にあり、地元では「能勢の妙見さん」と呼ばれ、親しまれれています。
 北極星の信仰から始まる北辰妙見大菩薩がまつられ、かつては勝海舟や坂田三吉も参拝したといわれています。
 山上駅と妙見山を結ぶ観光リフトから眺める、季節ごとに咲く花々の景色は見事です。
 また、妙見山に広がる「ブナ林」は標高662mのような低い場所で発達していることが珍しく、山頂から北西斜面にかけて、幹周り2m以上のものが多く見られ、府下最大級のものも見られます。

 このように、北極星信仰の聖地としてさらに、四季折々の美しい自然・風景を満喫できる能勢妙見山は北摂地域で有数の魅力スポットです。
ジャンル建物・まちなみ
時代古代以前
開催日9時から17時 年中無休
所在地 能勢町野間中661 [ 地図を見る ]
交 通能勢電鉄妙見口駅から妙見ケーブルにて山上へ
問合先
URL
備 考

以下のいずれかを選択して検索してください
キーワード
ジャンル
(複数選択可)






時代
(複数選択可)





エリア
市町村
地図から探す
オプション
表示件数