平成23年10月16日(日)
大阪ミュージアム特別展「箕面市・豊中市」
(箕面市・豊中市)

大阪のまち全体を屋根のないミュージアムに見立ててまちの魅力を発信する 「大阪ミュージアム」では、季節ごとのコンセプトに基づいて「特別展」を開催。
平成23年度は、特別展の重点地域として北摂地域の魅力を発信していきます。
今回は箕面市・豊中市の魅力をご覧頂きましょう。


みどり豊かな山なみが美しい箕面市では、四季折々の自然・動植物にふれることができます。
関西随一の紅葉の名所としても知られ、荘厳な箕面大滝と紅く燃えるもみじの織りなす姿は絶景です。
紅葉が有名な箕面市ですが、実は柚子の名産地でもあります。

箕面の柚子を広くPRするため生まれてきたのが、ゆるキャラならぬ“ゆず”キャラ「たきのみち ゆずる」です!
柚子の頭にサムライルック、りりしい眉毛が特徴で、子供たちに大人気です。

箕面大滝に続く滝道にはいると、多くのお土産屋さんが道の両側に立ち並んでいます。
 そこで売られているのがこちら、箕面を代表する『もみじの天ぷら』。
紅葉している収穫されたもみじを菜種油でカリッと揚げた、箕面の伝統銘菓です。
 こちらのお店では、滝の道ゆずるグッズも販売しています。

 続いてやってきたのは『箕面公園昆虫館』。
 緑豊かな箕面には、多くの種類の昆虫が生息し、昆虫の宝庫として知られています。
箕面公園昆虫館では、昆虫に関する基礎知識や、箕面の森に生息する昆虫について楽し
みながら学ぶことができます。
 施設内には一年中蝶が飛んでいる放蝶園があり、間近で蝶の観察ができます。

 2011年10月に行なわれた『箕面の森アートウォーク2011』。
 このイベントは、瀧道に沿って点在する建築空間等において、様々なアートを展示
するものです。
 作品鑑賞を通して訪問者が、箕面の地固有の自然、歴史、文化そしてそこで生活する人々との「接点」を見出し、箕面の魅力の再発見に繋げることを目的に開催されました。

 こちらは箕面公園内、箕面川沿いの『箕面川床』の様子です。
 平成22年春より箕面の新たな魅力づくり・賑わいづくりのためにはじめられたこの川床では、風情豊かな自然の中、川のせせらぎを聞きながらの食事を楽しむことができます。

 続いてやってきたのは愛着のある地域のまちづくりを行っている豊中市。

 服部緑地は、総面積126.3ヘクタールの広大な自然公園で、大阪四大緑地の一つに数えられています。
 10月14〜16日の間、『服部緑地2011オータムフェア』が開催されました。
服部緑地東中央広場では『ハンドベルコンサート』や『豊中キャンドルナイト2011』が開催され、多くの人で賑わいました。
 キャンドルが創り出す幻想的な灯りが、訪れた方々をやさしく包んでいました。

 豊中市、池田市、伊丹市にまたがる大阪国際空港は、3,000mの滑走路を含む長短2本の並行滑走路を有する国内拠点空港であり、関西三空港のひとつです。
 展望デッキ『ラ・ソーラ』は、ひろびろとしたウッドデッキで、乗客や観光客の憩いの場となっています。
 目の前で迫力ある飛行機の離発着を見ることが出来きます。
 また、豊中市の千里川付近は大阪国際空港の滑走路の端に位置するため、迫ってくるような飛行機の着陸シーンを見ることが出来、ファンにはたまらない場所となっています。


 にぎわいと豊かな自然、歴史ロマンあふれる北摂地域で開催されている大阪ミュージアム特別展


皆さんも、魅力たっぷりの北摂地域を訪れてみてはいかがでしょうか