平成23年5月5日(木)
大阪ミュージアム特別展(北摂) 花と音楽
「島本町・摂津市・茨木市・高槻市」 


大阪のまち全体をミュージアムにしていこうという 「大阪ミュージアム」では、季節ごとのコンセプトに基づいて「特別展」を開催。
平成23年度は、特別展の重点地域として北摂地域の魅力を発信していきます。
今回のテーマは花と音楽。世代を超えて楽しめるイベントを紹介します。


島本町のレンゲの里は、桜井地区をはじめとする町内3か所で開催されるイベントです。
島本町レンゲ育成連絡会のみなさんが丹精込めて育てられた、薄紫色の小さくて、かわいらしいれんげの花が総面積2haほどのたんぼや畑一面に広がります。
桜井地区にはこいのぼりも掲げられ、歩くだけで春の季節感を肌で感じることができます。
また、島本町には、府内で唯一名水百選に選ばれた「離宮の水」のある「水無瀬神宮」があり、多くの人が名水をくみに訪れます。


摂津市のチューリップアートは、より良い都市景観まちづくりを進めるために実施されてきたものです。
富山県入善町で摘まれたチュリーリップの花をこども会のみなさんや当日参加の人達で下絵の上に敷き詰め、大きなアートを描きます。
毎年違った作品が出来上がるので、展示期間は完成を楽しみにしていた人々で賑わいます。


5月5日こどもの日に茨木市にて開催された第三回茨木音楽祭。
『音楽を通じて、まちを元気にしよう!』という思いで始まったこのイベントでは、プロ・アマ含め約30のバンドが集結し、5つの会場においてジャズ、ロック、ポップスなど多種多様なジャンルの演奏を行いました。
当日は音楽好きの人はもちろん、普段なかなかコンサートに足を運べない家族連れやコアなロックファンまで、大勢の人で大変な盛り上がりを見せました。

また音楽以外にもフリマーケットやマルシェ、てづくり市が開催。
子供でも楽しめる体験コーナー、ライブアートなどが行われ、市民参加型の祭典として親しまれています。


こちらは高槻市・高槻ジャズストリートの様子です。
高槻を音楽あふれる明るく楽しい街にしようという思いから、1999年に始まったこのイベント。
毎年ゴールデンウィークの2日間に開催され、多くの人で賑わいます。
誰でも気軽に音楽を楽しむことのできる、日本最大級の手づくり音楽イベントです。
春を彩る花々と街にあふれる音楽をテーマに北摂地域で開催されている大阪ミュージアム春の特別展。
皆さんも、魅力たっぷりの北摂地域を訪れてみてはいかがでしょうか。