2013.08.09

医療系バンド・ハートフルホスピタル、姉妹ユニット・マスダシマイなど合計4組のアーティストが、応募するCMのBGMに使用できる楽曲を提供してくれました!
医療系バンドのハートフルホスピタルをはじめ、、姉妹ユニット・マスダシマイ、シンガーソングライターの山口孝司さん、鈴木結女さんが、「OSAKA LOVERS CMコンテスト 2013」に、楽曲を提供してくれました。応募するCMのBGMとして使用しても大丈夫な素材です。「CMを作りたいが、著作権フリーで使用できるBGMをなかなか見つけることができない」などで困っている場合は、是非、一度、下記の楽曲を聴いてみていただき、制作したいCMのイメージに合う曲があればダウンロードしてご活用ください。
※楽曲のダウンロードは終了いたしました

ハートフルホスピタル

現役内科医Dr赤澤貴洋が結成、2007年「医療系バンド」として病院での出来事を歌った1stCD「経過良好」でデビュー。名古屋を中心に病院や老人保健施設での慰問ボランティアコンサートや、各種ライブイベント、メディアにも精力的に出演中。メンバーは医療関係者を中心に構成、CDの流通販売収益は全額を臓器移植ネットワークや骨随移植推進財団に寄付しているボランティアバンド。2008年には闘病中の夫を献身的に看病介護する老夫婦を描いた2ndCD「永い二人だから」が反響を呼び、C/W曲「あなたがいたから」がTV番組のエンディングテーマ(全国放送)に採用されるなど、カラオケ(DAM)にも3曲配信中。全楽曲が医療現場での実際の出来事をモチーフに「命の尊さ」や、大切なヒトへの「愛情」、「病気予防」を歌い続けている。

※楽曲のダウンロードは終了いたしました

マスダシマイ

姉のますだみき(作詞/Vo)と、妹の増田琴美(作曲/コントラバス、ベース)の姉妹ユニット。ある日琴美が曲を書き始め、「歌モノをやりたい!」の一声に、みきが賛同し2012年冬結成。二人が幼いころから親しんできたソウル、ファンク、ジャズをベースにしたサウンドに乗せられる情緒的リリック。 きれいごとでは無い人間のココロの闇、その独特のオーパスは聴く者をマスダシマイの世界に誘い込む。

※楽曲のダウンロードは終了いたしました

山口孝司

高校時代から作詞作曲を始め、ライブ活動を開始。現在までに作った楽曲は約300曲。大学卒業後、テレビCMへの楽曲制作や他アーティストへの楽曲提供などを行うようになる。2012年8月22日にデビューシングル「繋がる命」をリリース。

※楽曲のダウンロードは終了いたしました

鈴木結女

1991年、アルバム「自分の色」でデビュー。テレビ主題歌「輝きは君の中に」ほか、シングル曲は数多くの主題歌やCM曲として使用される。2012年9月に14年ぶりのアルバム「ZERO」をテイチクエンタテインメントよりリリース。

※楽曲のダウンロードは終了いたしました

OSAKA LOVERS 2013 CMコンテスト

ページのTOPへ