CMの作り方

はじめてでも大丈夫!CMをつくろう!

1 テーマを決めよう

「大阪の良さ」って、なんやろ?

「大阪の良さ」って、なんやろ?

「大阪」のイメージというと、「たこ焼き」などよくメディアで取り上げられるものが頭に浮かびがちですが、大阪には伝統や歴史に彩られた古いものからスタイリッシュで最先端なものまで、いろんな魅力が詰まっています。

固定観念に縛られずに、できるだけ具体的に大阪の魅力について考えてみてください。あなた独自の大阪を再発見できると、オリジナリティあふれるテーマが見えてきます。

2 アイデアスケッチをしてみよう

とりあえず、何でも書いてみよか。

とりあえず、何でも書いてみよか。

まずは頭の中にある「アイデア」をどんどん紙に書き出してみましょう。テーマから導かれるキーワードでもいいですし、絵でもかまいません。慣れてきたら、コママンガを描くような感覚で、筋書きとともに描きながらまとめていきましょう。セリフや音楽、効果音もいっしょに考えていけば、イメージがより具体的になります。

最終的にはシーンごとの絵コンテにまとめておくと、撮影や編集がしやすくなります。

3 撮影準備

登場人物や小物などを決めとこう。

登場人物や小物などを決めとこう。

・CMに出演する人物を決めます。自分?友達?家族?
・必要な衣装や小物をそろえます。
・撮影場所(ロケ地)を考えましょう。

※撮影前にロケハン(ロケーションハンティング:下見)を行うことをおすすめします。撮影の妨げとなるものがないか、屋外であれば、撮影する時間帯の太陽の向きなどを前もって知っておけば、比較的スムーズに撮影ができます。また、ロケ地が公共の施設やお店などの場合は、許可が必要となる場合もありますので、事前に問い合わせておきましょう。

4 いよいよ撮影!

いろんなカットを多めに撮っとこ!

いろんなカットを多めに撮っとこ!

絵コンテと見比べながら、撮影するとよいでしょう。
絵コンテ通りのカットだけではでなく、いろんなシーンを撮っておくと、「もっとこんなシーンが欲しい」と思った時に、撮り直さなくても大丈夫です。たとえば、別のカメラアングルで右から左、上から下、などのカットも撮っておくと、編集時にアレンジができます。

<撮影時の注意事項>
通行人など出演者以外の方が、あきらかに人物を特定できるくらい映り込んでいる場合は、その方からご応募の許諾を得る必要がありますのでご注意ください。

5 編集しよう

パソコンに入ってるソフトで出来るで。

パソコンに入ってるソフトで出来るで。

パソコンに最初から入っているソフト(Macの方は「iMovie」、Windowsの方は「Windows ムービーメーカー」など)を使って、動画を編集できます。

<編集の仕方>

1. 撮影素材を取り込みます。

2. 各カットの使用テイク(OKテイク)を決めます。

3. 使用テイクを事前に決めた秒数に基づいて、つないでみましょう。

4. 各カットを削ったり増やしたりして、全体で28秒になるよう調整します。

5. スーパー(字幕)などを入れてみましょう。

6 音楽をつけてみる

音楽が入ったら、めっちゃええ感じ!

音楽が入ったら、めっちゃええ感じ!

音を使ってメッセージを効果的に伝える。あなたの伝えたいメッセージを表現するための、有効な手段かもしれません。

<注意事項>
バックミュージック等で使われる著作権フリーの音楽は、販売もされていますし、インターネットからダウンロードすることも可能です(「フリー」「音楽素材」「著作権フリー」「無料ダウンロード」などで検索し、探してください。無料でダウンロードできるものが著作権フリーであるとは限りませんので、必ず著作権フリーであることをご確認ください)。

7 ついにCM完成!

やった!ついに完成や!!

やった!ついに完成や!!

作品が完成したら、下記の条件をもう一度確認してみましょう。

<確認事項>
【秒数制限】28秒
【規格】 家庭用ビデオまたは業務用ビデオ、スマートフォンで撮影したオリジナルCM動画
【ファイルフォーマット制限】 WMV、MOV、MPEG

【参考】大阪の魅力、新発見!

【参考】大阪の魅力、新発見!

「大阪ミュージアム」では、まるで「まち全体がミュージアム!」のような大阪の魅力を再発見し、発信しています。

大阪ミュージアム登録物ギャラリー(約1,200点)
大阪の魅力発見ビデオ(61本)

OSAKA LOVERS 2013 CMコンテスト

ページのTOPへ