OSAKA LOVERS CMコンテスト2012 大賞発表

二次審査大賞の20作品(一般の部10作品・学生の部10作品)について、2012年11月8日~2012年12月3日の期間中の
作品の再生回数プラス審査員による特別ポイントで、大賞・準大賞・部門賞・特別賞が決まりました!
おめでとうございます!!表彰式は、2012年12月20日(木)大阪「本町ガーデンシティ」にて開催されました。

  • その他、ご応募いただいた作品はこちら!

審査員からのコメント

中島 正行

中島 正行 株式会社ナスピア 代表取締役

大阪のよさをアピールする観点と、大阪の文化に切り込んだ企画を重視し、審査しました。そういった意味で作品一つ一つから、一生懸命作っているのが伝わってきました。

安田 真奈

安田 真奈 映画監督・脚本家

自分の街を愛する気持ちを表現できる、素敵なイベントですね。これからも、いろんな切り口で大阪の魅力を伝える作品が応募される形で、続いてほしいと思います。

田中 豪

田中 豪 映像プロデューサー CINEMA INFERNO代表

外国の方に大阪についてのインタビューをするなど、グローバルな視点で作られた作品もあり、去年の入賞作品と比べても、クオリティが高い作品が多く感じました。

アルミカン

アルミカン 漫才コンビ(松竹芸能)

(高橋:右)大阪で活動することが多いので、大阪のいいところ、知らなかった部分も含めて作品を楽しめました。 (赤坂:左)学生時代、広告コースだったので、自分で作っていたのを思い出しながら、作品を見させてもらいました。

大賞

  • ベルギー美女の大阪冒険

ベルギー美女の大阪冒険 ジャスティン ハチンズ/マイケル ジャッド

  • 作品を視聴する
コメント
私たちは日本の中で大阪が一番好きな場所です。なぜなら大阪は、誰でもいつでもどこに行っても楽しめるからです。日本のあちこちに行ったのですが、身長186cmの女装をした外国人でも道で新しい友だちと出会える大阪は、温かくて話しやすい人が一番多い場所だと思います。映像作成のスキルを磨くには実際に行動するしかないので、私たちが大好きな大阪に愛を示しながらこのコンテストで技術と芸術をレベルアップします。

準大賞

  • Let's say Peace!

Let's say Peace!  相良 香織

  • 作品を視聴する
コメント
日頃から物作りをすることが好きで何か応募できるコンテストはないかと探している最中、最寄の駅に貼られていた当コンテストのポスターを見つけ「これだ!」と思いました。
学生時代から大阪の街でたくさんの時間を過ごして来て感じることは、ここに住む人たちの温かさ。そしてやっぱり私は大阪が大好きだということ!この2つを映像に表現できたらといろんな方々にご協力いただいて楽しく撮影頑張りました。

部門賞

  • 大阪の存在力

大阪の存在力 ノンストップエンターテイメント集團MaGuRoの皆さん (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
今回の作品製作にあたり、大阪で生まれたものを調べてみると様々なものがあることを知りました。そしてそのどれもが現在の私たちの暮らしになくてはならないものばかりです。
この街で生まれたものがこれだけあるということ、そしてこれからの大阪の可能性を感じてもらうために今回の作品を作りました。
これからも映像作品の製作を通じて、大阪を活性化できるよう頑張ります。
  • やっぱ大阪好っきやねん!!!

やっぱ大阪好っきやねん!!! 西帯野 蓮 (学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪に住む人々に、大阪の好きなところを聞いてみました。
このCMで一人でも多くの人が大阪に来たいと思ってくれたら嬉しいです。

特別賞

  • お好み焼き人情

お好み焼き人情  端野 昭彦 (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪人のいいところをお好み焼きを作る工程に例えてみました。大阪に住んでる者として、もっと大阪のいいところをアピールしたくて応募しました!よろしくお願いします。
  • 阪堺電車でうまいもんめぐり

阪堺電車でうまいもんめぐり 大阪美術専門学校コミュニケーション
デザイン専攻の皆さん 代表 菅原 広司(学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪人なら誰もが知っている「ちんでん」こと阪堺電車。
けれども、意外に乗ったことのない人もいるのではないでしょうか。
そこで私たちは阪堺電車沿線上の“うまいもん”にスポットを当てて
より多く人に阪堺電車の魅力を伝えるCMを制作しました。
このCMを通して長年愛されてきた阪堺電車がこれからも愛される続けることを願っています!

入賞

  • 15円タクシー

15円タクシー 植村 好宏・植村 美会  植村 好良 (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
過去に大阪で15円でタクシーを乗った経験があります。
飛び起きて家をでたため財布を忘れたわけですが、僕は目的地にギリギリで到着したときに気づきました。ポケットに小銭が15円あり、それを出しました。そしたら、15円でええわ、と。15円で乗ったことより、15円をもろたタクシーのおっちゃんが面白い!そういった味人たちの街なんだということを知ってもらいたいと思い応募しました。
  • 大阪の外国人

大阪の外国人 角谷 和起 (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪には大阪人より大阪人っぽい外国人がいる噂を聞きました。そこで突撃インタビューを行いました。
  • なにわの伝統野菜

なにわの伝統野菜 小林 真樹 (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
OSAKA LOVERS CMコンテストに応募の動機はズバリ大賞の「プロと一緒にTVCM作りに挑戦できる」事です。これにチャレンジしない手はない。前回も準大賞に選ばれたこともあって、それ以上を目指します。
ありきたりの大阪じゃなく、埋もれた大阪の良さをもっと皆に知ってもらいたいと思っています。
  • 現代の水都、大阪

現代の水都、大阪  中川 健成 (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
元々は出す予定はなかったですが、応募要項を見てもしかしたらできるかなと思い作りました。この映像を通じて世界的に見ても近代的な水都とも言える大阪の姿を様々な方に知っていただければと思います。
  • 北摂の詩 - The Hook Sets

北摂の詩 - The Hook Sets The Hook Sets 西脇 大祐・中平 亜希子 丸山 ポン太 (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪、北摂で育った3人による、北摂愛の歌です!
  • ひかるっちが紹介する大阪の魅力(石畳と淡い街灯まちづくり)

ひかるっちが紹介する大阪の魅力(石畳と淡い街灯まちづくり)  ひかるっち (一般の部)

  • 作品を視聴する
コメント
本コンテストを通じて、大阪府内にある歴史的な街並みや豊かなみどり・自然など魅力的な地域資源が発信できればと思います。
  • 行ってみたいこの下町 中崎町。

行ってみたいこの下町 中崎町。 石井 美奈子・西川 史子(学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
マスコミに興味があり、CMコンテストで制作の難しさと楽しさを体験したかった。 都会の梅田から歩いていける距離にある中崎町にはかわいい雑貨やカフェが点在し、少し懐かしく暖かい気持ちになれる。このCMを見た人が少しでも中崎町に行ってみようと思ってもらいたい。
このコンテストで大賞を取って本格的なCM制作をしてみたい。そしてみんなに「知らなかった!」と言ってもらえるような大阪の隠れた魅力をPRしたい。
  • 大阪姑物語~ソースの巻~

大阪姑物語~ソースの巻~ 三輪 希望・川俣 磨紀 森川 頌子・石原 大輝 (学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
授業の一環で応募しました。短い期間での企画・撮影でしたが、メンバー4人で楽しく作り上げることが出来ました。大阪のおばちゃんがおるところは賑やかで明るい、そんなイメージで撮りました。
  • ぬくもりのある大阪

ぬくもりのある大阪 柿本 高輝 (学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
今回、学校の授業の一環でCMを作ったんですが、少ない時間でいかに大阪を伝えるかが難しくとても苦労しました。大阪の人のぬくもりと大阪名物をつかっておおさかを表現しました。作る過程はとても楽しく、また勉強にもなったのでまたぜひ作りたいです。
  • 大阪に来る前に

大阪に来る前に 植田 紫帆・梶田 祥平 佐々利 諒祐・田川 咲貴子 濱田 汐音・向井 一陽(学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪のほかとは違う優しさや暖かさをコミカルに表現した作品です。
見てくれた人が少しでも笑顔になれたらうれしいです
  • 大阪のどこが好きですか?

大阪のどこが好きですか? 片山 義博・杉本 崇志 竹林 和紀 (学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
学校の授業で制作しました。
大阪の好きなところを語る時、みんな自然と笑顔になります。
大阪に住む人たちの温かさが伝われば嬉しいです。
  • おばchan phone

おばchan phone 京都女子大学MM2 高田 鈴・須内望・舘美帆 寺島裟織(学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
他府県から来た大学の友人の中には、大阪に対して、「話し方がきつい」、「治安が悪い」、「街が汚い」、などの印象を抱いているために、まだ大阪に行ったことがない人がいます。そういった人にこそ、本当は面白くて温かい大阪の人を体現したような『おばchan phone』を通じ、建物・食べ物・人柄などの魅力がつまった、私たちが大好きな大阪を知ってもらい、かつ実際に足を運んでもらうことが目的です。
  • きいてみて大阪

きいてみて大阪 塚本 珠己 (学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
私は映像制作が大好きで、この先も続けていきたいです。今回は、大阪に住んでいる一人として、どのように大阪の魅力を伝えればいいのか考えました。よろしくお願いします。
  • 奇跡のスナイパー

奇跡のスナイパー 日本写真映像専門学校 2012年度 映像クリエイション学科1年の皆さん(学生の部)

  • 作品を視聴する
コメント
大阪人特有の日常をドラマチックに表現しました。

ページのTOPへ