ビフォーアフター

いずみふれあい農の里を拠点とした観光農園プロジェクト

大阪ミュージアムのネットワーク化

和泉市では農の持つ憩い・安らぎ・癒しといった多面的な効果を活用し、「農」と余暇活動を求める「都市住民」とを結び付ける農業体験交流施設「いずみふれあい農の里」を整備し、平成21年9月に大阪ミュージアムの登録を受けました。
この施設がある和泉市南部地域は豊富な観光資源が多数あり、「いずみふれあい農の里」の他にも和泉市立青少年の家、槇尾山グリーンランド、道の駅いずみ山愛の里、和泉市南部リージョンセンター、阿弥陀寺、施福寺など6ヵ所がミュージアムとして登録されています。
今後はそれらのミュージアム間のネットワーク化を図るとともに、南部地域の地域特性である農空間と融合した新たな観光事業の展開を目指しています。
このため、来訪者のスムーズな誘導を図るとともに、各施設への立ち寄り率の向上及び観光客の増加による南部地域の活性化を目的として、大阪ミュージアムの基金事業を活用し、ミュージアム登録物の結節点に案内標識を設置しました。
開催日時 各施設において年間通して多様なイベントを開催。
開催場所 いずみふれあい農の里、和泉市立青少年の家、槇尾山グリーンランド、道の駅いずみ山愛の里、阿弥陀寺、施福寺、和泉市南部リージョンセンター
主催者 和泉市他
お問合せ先
和泉市環境産業部農林課
TEL: 0725-99-8125
FAX: 0725-43-8788
E-mail: nourinka@city.osaka-izumi.lg.jp
URL:
 
案内標識設置前

案内標識がなく、場所がわかりにくいのが現状でした。
案内標識設置後

各施設への結節点に案内標識を設置したことにより、来訪者をスムーズに誘導することができるだけではなく、施設のPRにもつながります。
 
 
いずみふれあい農の里バーベキュー風景

いずみふれあい農の里では、農業体験だけでなく、バーベキュー施設もあります。
いずみふれあい農の里バーベキュー風景

案内標識を設置したことにより、施設のPRにもなり、施設利用者が増加しました。
 
 
農業担い手塾作業風景

農業担い手塾では、みかんの摘果・収穫・選定作業実習等を行っております。
農業担い手塾作業風景

案内標識を設置したことで、大阪ミュージアムのPRにもなり、農業への関心が高まったことから、参加者が増加しました。